隣人トラブルで警察沙汰!夜中の非常識訪問はドアを開けてはならない!

事件事故

真夜中の0時を廻った頃、突然、玄関のドアをドンドン乱暴に叩く音が!

ちょうど寝支度をしていたところ、静かな闇の中で、音は大きく響きわたる。

普通なら、こんな時間に誰?と恐れるところ・・・私には心当たりがあった。

半年ほど前に越してきた、隣の50歳くらいのオッサンだ。

狂気の沙汰か!夜中に喚きまくるオッサン

引越しの挨拶も無く、道で出会って会釈しても知らん顔。

近所付き合いする気が見えず、表札もあげてないので、名前も知らないが、越してきてすぐ、インターホンを鳴らさずに、ドアをガンガン叩いて押しかけてきた。

この近辺は静かな地域で、礼儀正しい人が多いので、こういう手合は初めて!

この時は昼間で、うちの庭木戸の下から、野良猫が出入りするのを見たので、庭木戸の下の空いている隙間に板を貼ったと言う・・(勝手に??)

で、してあげたからと感謝されたいみたいだったので、「ありがとう」とは言ったが、猫なんて庭木戸の下をくぐるだけでなく、塀の上に登って自由自在で庭に出入りするから、意味ないんだけど・・

でも偉そうに言うし、近所付き合いという頭もあり、うちの庭木戸の下に板を勝手に貼ったのは、大目に見たのだ。

 

そういうことがあったので、あの叩き方はオッサンだろうと思った。

夜中に大きな音は近所迷惑!と焦り、ドアを開けると、思いっきり大声で喚(わめ)く。

今は夜中の0時なのだ!狂ってるのか・・

慌てて、ドアを少し開けると、やっぱりオッサンが居た!

「近所迷惑なので、大声を出さないで」と言っても、叫び続けるので、玄関の中で話を聞くと、オッサンを玄関に入れて、ドアを閉めた。

理由は「うちの猫がうるさい」のだという。???ずい分前から、うちの猫は寝ているので、全然静かだ。

だいたい苦情なら、昼間に来ればいい話だ。

 

面倒なので、とりあえず頭を下げる

寝静まっている時間だし、面倒なので、早く話を終わらせるために、「ご迷惑かけて、申し訳ございません」と、とりあえず頭を下げた。

普通は大抵これで、怒ってる相手は一呼吸置く。

「相手の怒りを鎮めて、話を進める」というのは、一つの交渉法。これは商売している時に覚えた術である。

が、オッサンは違った!怒鳴り続けるのを辞めない。

中学生の息子二人と住んでいるとかで、よく子供を怒鳴り散らしてるのが聞こえるが、いつも30分以上、時には2時間くらい続いていた。

かなりヒステリックで執拗、陰湿な性格のようで、子供を気の毒に思っていた。

そのうちに、大きな顔(背は低いが)をぐいぐい近づけて、失礼にも「ババァ」と罵り(悪かったな、アラフィフで!)、そのうち玄関の外に出て、まだ喚く。

さすがにうんざりして、「どうしたらいいですか?」と聞くと、「土下座しろ」と言う。

一瞬考えたが、お安いご用と思い、玄関で土下座して謝ってやった。

狂人相手に芝居するんだから、どうってことない。

若いころだと、負けじと怒鳴り返していたと思うが、さすがにこの年令になると、危険を先に考えないとね。

 

ヒステリーは1時間しつこく続く

しかし、土下座して謝っても、まだうるさい。

だんだんとわかってきた。こいつは怒鳴れる相手が欲しいのだ。面白くないことがあったのか、ただ、ストレスのはけ口でやってきたのではないか?

前に来た時も、「野良猫がウロウロしている!」と興奮して、(この近辺は野良が多いので、皆それなりに共生している地域だ)、うちの庭に入る野良を何故か敵対視していた。

今度は「うちの猫」が標的になってる・・けれども、静かに寝ているし??どこかの野良猫がオッサンの部屋に聴こえるように鳴いたのか・・それが何故うちの猫だと??

あっ、ストレスのはけ口なら、何でもいいわけか。まともに相手しても仕方ないわ。

「弱い犬ほどよく吠える」

正体はただの弱いオッサンだろう、自分をコントロール出来ない。そうわかれば少しも怖くはなかった。

最後に、「今度、猫を見かけたら、殺すぞ!」「引っ越しするから、費用を出せ。弁護士立てて訴えてやる!」と、言い捨てて、自分の家に帰って行った。

これはれっきとした、脅しやね!

もう1時を廻っており、1時間も付き合わされていたのだ。

私も家に入り、かなり気が悪かったので、眠ろうとしたが、ちっとも眠気も来ない。

 

息子の助言で110番する

で、だんだん怒りがこみ上げてきて、夜中だったが、遠方に住む息子に相談の電話をすると、110番しろと言う。なるほど・・

「はい、警察です」
「あの、隣の男が家に来て、怒鳴り散らされたんですが・・」
「すぐ、署員が行きますので、住所はどこですか?」

と、すごい早い対応で、ちょっとびっくりした。

これまでなんかあったとき、警察に電話すると、係に回されたり、そこからまた同じ話を繰り返し、という感じだったので。

あっ、これは緊急の事件なんだわ!

十分ほどで、お巡りさんが二人来てくれた。

「1時間前ですが、1時間ほど玄関に来て、怒鳴り続けてしつこかったんです」

警官は、オッサンの家のインターホンを鳴らした。もうこの時点で3時だ。

「出ないんじゃないんですか?もう寝てて」と案じたが、オッサンは出てきた。あれだけ興奮していたので、眠れてなかったのだろう。

 

夜中にドアを叩かれたら、すぐ110番を!

お巡りさんは、相手の玄関とうちの玄関で、交互に話を聞いて、私には

「こういうことがあれば、絶対にドアを開けないように、開ける前に警察に連絡するようにしてください」と言った。

なるほど、そういうことです。

近所トラブルなので、円満に解決したいと思っていても、ケースバイケースなのだ。

夜中にドアをどんどん叩かれたら、すぐ110番しないといけない。

けれども意外と、何かあったのかと、慌てて開ける人も多いのではないだろうか?

私はたまたま、平謝りの様子をして対応したけれど、怖がったり、文句を言ったりすると、もっと怖い目にあったかもしれない。

 

トラブルになりそうなら録音を!

このオッサンは、病気で失業中の父子家庭とのことで、人生がうまくいかないことでイライラしているとのことだった。

けれども、周りを見ていても、自分の感情に負けて、怒りに転じている人間は、もっともっと上手く行かなくなっている。

誰だって、人生は思い通りにならないし、苦しいことだらけなのに、自分のストレス発散のために、近所に夜中に怒鳴りこむのは最低の行為!といえるよね。

 

ほっておくとオッサンにも良くない、で、被害届を出そうと、翌日警察に行く。

オッサンは少し前に腕を怪我し、障害者になり、仕事も無くしたと聞く。気の毒は気の毒だが、その割には、あんなにドアをドンドン叩けるなんて不可解だ~

その後の取り調べで、オッサンはあることないことデタラメを言ってきたが、警察の電話には一切出なくなったので、警察は

「電話に出ず、出頭要請しても出頭もしない、家を何度訪ねても出ない。非常にタチが悪い。ただ、二度とあなたの家には行かないように言い聞かせたし、近い内に引っ越しするとも言ってるから。

警察としては、これ以上手立てが無いので、引っ越しするまで様子を見て、なにかあればすぐに連絡を」と言われた。

暴力などがあれば、逮捕となるだろう・・ただ自分が悪いことはわかってるので、逃げまくってるということか。

警察官の一人は「家賃が払えないくらい、切迫してたから、因縁つけて、あなたに金を出させようとしたとも考えられる」と言う。

それなら悪質だ・・ストレスからの心の病気かと思ってたのに・・

その後、オッサンは二度とうちには来なくなり、逃げるように1ヶ月後に引っ越ししていった。

 

何とも後味の悪い事件であったが、自分の過激な行為で、自己破滅を招いたのだ。オッサンは自業自得だが、息子さんたちが気の毒でならない。

もし似たような被害を受けたら、近所の人でも油断せずに、110番して相談するか、怒鳴り声を録音しておくといいそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました